それは何ですか。また、Webサイト上のユーザーエージェント(Botまたはブラウザ)へのアクセスをブロックする方法[NGINXのヒント]

まず第一に、このインターネットブラウザのユーザーエージェントとは何か、そして彼が何を使っているのかを大まかに見てみましょう。

ユーザーエージェント(またはユーザーエージェント)とは何ですか?

インターネットブラウザ(インターネット Explorer、Safari、Opera、Firefoc、Chromeなど)には、ホストサーバーレベルで、アクセスしているウェブサイトとやり取りするエージェントソフトウェアがあります。 このソフトウェアは、ウェブサイトとのインターネット接続を確立し、理解し、検証し、アクセスしたページのコンテンツをレンダリングします。 つまり、HTTP / HTTPSプロトコル上の特定のURLにアクセスすることにより、ユーザーと要求されたWebページを提供するホストサーバーとの間のやり取りを保証します。
ユーザーエージェントは、アクセスするサーバーに配信されるヘッダーに、ユーザーが使用するソフトウェアに関する情報、オペレーティングシステム、ブラウザのソフトウェアパッケージのバージョンを含みます。 たとえば、Google Chromeのユーザーエージェントは、使用しているGoogle Chromeのバージョンやユーザーのオペレーティングシステムに関する情報をサーバーに提供します。

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.3163.100 Safari/537.36

上記のヘッダuser-agentは、 Google Chromeの70 コンピュータ上で AMDプロセッサ, 64ビットアーキテクチャ オペレーティングシステム Windows 10.
あなたはおそらく疑問に思うだろう MozillaがChromeのユーザーエージェントとして登場している理由。 これは、ChromeユーザーがすべてのMozillaおよびSafari互換サイトにアクセスしやすくするためにGoogle(およびIEではMicrosoft)が使用している一種のトリックです。 AppleWebKitの コンテンツ再生エンジンです。

WebマスターまたはWebサーバー管理者は 特定のユーザーエージェントのアクセスをブロックする ウェブホスト上でホストされています。 ほとんどの場合、この制限は設定されています ウェブロボット (Webボット)WebサイトのWebページへの混沌とし​​た、または過度のアクセス。 幸い、これらのボットには特定のユーザーエージェントがあり、Webサーバーのログで簡単に検出することができます。

NGINXを使ってWebサーバー上のユーザーエージェントアクセスをブロックする方法

ユーザーがオペレーティングシステムを使用してWebサイトにアクセスすることを許可しないシナリオを考えてみましょう。 Windows XPおよびMozilla Firefox 5.0インターネットブラウザー。

nginx構成ファイルの下の「server」ブロックにコードを追加します。

if ($http_user_agent = "Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:52.0) Gecko/20100101 Firefox/52.0"){
return 403;
}

ファイルnginx.confを保存します カスタム設定(gen sites-available)を使用している場合は、Webサイトに固有のファイル NGINXサービスを再開する.
Firefox 5.0(5.9までのすべてのバージョンを含む)を使用しているすべてのユーザー Windows XP、にリダイレクトされます 403エラー (禁止)。

私は誤ってこの例を選択しませんでした。 Firefox 52.9.0以降、Mozillaはユーザーのサポートを停止しました Windows XPはい Windows ビスタ。 2014でMicrosoftによってサポートが停止されたオペレーティングシステム、それぞれ2017 Windows ビスタ。

それは何ですか。また、Webサイト上のユーザーエージェント(Botまたはブラウザ)へのアクセスをブロックする方法[NGINXのヒント]

著者について

ステルス

ガジェットとITのすべてに情熱を注いで、ステルスで喜んで書いていますsettings2006年以来.comと私はあなたと一緒にコンピュータとオペレーティングシステムについての新しいことを発見したいですmacOS、Linux、 Windows、iOSおよびAndroid。

コメント