GoogleChromeでスペルチェックをオフにする方法-赤で下線が引かれた単語

スペルチェックは、私たちを助ける機能が強調表示、正しく書くことです 赤で下線, スペルミス。 スペルミス。

私たちのケースでは、報告されたエラーがありますので、 発音区別符号を使用します 言葉インチ このシステム スペルをチェック これは、人のために特に有用です 編集文書ウェブサイトや様々な作品を行っている学生のための記事を公開した者。 これは非常に便利なツールですが、私は赤い下線言葉で強調したい場合があります。 場合は特に我々は発音区別符号のファンではありません。
In Google Chrome たとえば、スペルが間違っている単語や、ダイアクリティックがない単語を確認することにあまり関心がない場合があります。 ブラウザでのスペルチェックをなくすには、メニュー「Settings"...

…下にスクロールして「詳細を表示 settings.."...

メニューを下にスクロールした後「高度な settings"、"言語 "セクションに移動し、"をクリックします言語と入力 settings"

開く設定パネル、することができます Chromeブラウザの言語を変更する (すなわち、メニューや設定に表示される言語)はスペルミスを修正するには複数の言語を追加することができます(複数の言語で記述した者に適用される)か、スペルチェックを無効にすることができます。

チェックを外すスペルチェックを有効にします言語設定パネルの下部にある「」をクリックし、「完了」をクリックして設定を保存します。

GoogleChromeでスペルチェックをオフにする方法-赤で下線が引かれた単語

著者について

ステルス

ガジェットとITのすべてに情熱を注いで、ステルスで喜んで書いていますsettings2006年以来.comと私はあなたと一緒にコンピュータとオペレーティングシステムについての新しいことを発見したいですmacOS、Linux、 Windows、iOSおよびAndroid。

2のコメント

  • もしもし
    使用しているw10はわかりませんが、言語パネルとスペルチェックがまったく異なります。 ページの下部には「スペルチェック」と表示され、「オフ」の下にはボタンがオフになっているため、何も変更できません。 興味深いことに、この状況に関するすべての投稿がこのケースについても言及しているわけではありません。 それはどのように終わりましたか、何をしますか?

    • まあ、それはとはあまり関係ありません Windows 10。 おそらくGoogle Chromeが更新され、あなたが話しているオプションが追加されました。

コメント