どのように我々は何の言葉は、Microsoft Office Wordで赤い下線なかったん(2003 - 2010)

デフォルト設定(デフォルト)パッケージで , インストール言語自動補正 a 文法的、エステ 英語。 このため、時々 編集済みの または コピーされた 英語以外の言語のテキスト Office Word文書 言葉のほとんどは次のようになります 自動的に赤で強調。 文書を印刷する場合、この行は表示されませんが、時々読みやすい文書、それは迷惑です。 赤で下線が引かれての言葉は、言葉です スペルミス で文法的観点、 英語.
これはどのようにある ルーマニア語のテキストで書かれた (英語でのデフォルト設定):

オフィスワード2003 :

赤オフィスワードワード

オフィスワード2010 :

オフィス単語1

どのようにWordで赤い下線の言葉を持っていない.

言葉は赤錫設定で下線 識別する si 正しいタイプミス(スペル) si 文法。 でこの機能を無効にするには Microsoft OfficeのWordの2003我々はいくつかの簡単な手順に従う必要があります。

1。 "Word文書を開き、下ツール「上をクリックして "オプション"。

2003 Office Wordの文法

2。 開いたボックスでは、 "タブをクリックしますスペルチェックと文章校正"そして、ここでは、次のオプションの横にあるボックスを外し:

- スペル: 入力時にスペルをチェック.
- スペル:常に(オプション)の修正を提案
- 文法: あなたが入力すると文法をチェック
- 文法: スペルと文法をチェックします.

スペル - 文法ワード設定

3。 次に、設定を保存し、 "OK"をクリックし、我々は持っているドキュメントを開く 言葉は赤い下線。 設定は、他のドキュメントで維持される。

ユーザー Microsoft OfficeのWordの2010 無効にすることができます スペルチェックと文章校正 メニュー "フィレット">"オプション"。

1。 文書の左上からボタン "ファイル"をクリックします。

オフィスファイル2010

2。 「上をクリックしますオプション"左側のメニューで。

オプションメニュー

3。 「上をクリックします校正"そして、ここですべてのボックスの下にチェックを外して"Wordのスペルと文法を修正するとき"。

Wordの文法2010でオプション

他の文書を保持し、編集するための設定を除いて、すべての文書を設定します。

- マイクロソフトオフィスのWord&2003 2010でスペルチェックと文章校正のオプション.

どのように我々は何の言葉は、Microsoft Office Wordで赤い下線なかったん(2003 - 2010)

著者について

ステルスLP

創設者兼編集者 ステルス設定2006日で。
Linuxオペレーティングシステム(特にCentOSの)やMac OS X、Windows XPの>は、Windows 10とワードプレス(CMS)上の経験。

4コメント

コメントを残す

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.