どのように我々は、Windows 8.1で復元ポイントを作成することができます

おそらく最も重要な セキュリティー機能 利用できます Windowsオペレーティング·システム それはあります システムの復元これは、ユーザーに、システムを復元する機能を提供しています 以前の作業状態 (影響を与えることなく、 個人用ファイル)あなたはそれで問題が発生して起動した場合(誤動作, システムファイルの破損 など)。 しかし ウィンドウズ ポスト ポイントリンクを復元 システムが特定の変化(例えばを受けたときに自動的に(ポイントを復元) アプリケーションのインストール, ドライバー または 重要な更新 システム)はいつでも実行される 手動で変更 ユーザによるシステムでは(レジストリの調整 または カスタム化 システムファイルの変更)を必要とする、彼らがすることをお勧めします 手動でポイントシステムを復元作成 システムに損傷を与える可能性が可能に不快な結果を避けるために。

使用している場合 Windowsの8 または Windowsの8.1 あなたが精通していない システムの復元あなたが作成したい場合 復元ポイント さまざまな理由から(ほとんどの場合、システムファイルの変更をしたいか、これを実行するプログラムをインストールする)ための手動システムでは、あなたは以下の指示に従うことによって行うことができます。

Windows 8.1で手動システム復元ポイントを作成するにはどうすればよいですか?

  • オープン ラン (Windowsの+ R)とタイプ sysdm.cplと次に与えます 入力します (またはタイプ 保護システム in 起動画面選択 設定 右側に、次にクリック 復元ポイントの作成)

システム保護家庭スクリーン

  • in システムのプロパティ タブをクリックしてください システム保護 チェック 保護状態 システムパーティション(Windowsがインストールされているパーティション); それがある場合 オフ、システムパーティションを選択し、をクリックしてください 設定する、次に選択 システムの保護をオンにする そして、上をクリックします 適用> OK
  • 手動で復元ポイントを作成するには、をクリックしてください 作ります、入力してください 説明 作成する復元ポイントに、もう一度クリック 作ります

システム·プロテクションの設定

そして、準備ができて。 復元ポイントが作成された後、次のように表示されます cofirmareメッセージ.

復元ポイントが作成した

ある時点では、使用してシステムの前の状態に戻りたいと思う場合は 復元ポイント 利用可能な、オープン システムのプロパティ (タイプ: sysdm.cplと in ラン)し、ボタンをクリック システムの復元 タブで システム保護.

システム復元

表示されたウィンドウで、をクリック 、オプションをチェックします より多くのポイントを復元表示する そして、使用したい復元ポイント(復元ポイントを作成後にインストールされたすべてのプログラムやドライバがシステムから削除されることに注意して選択し、加えて、任意のプログラムまたはドライバは、選択した復元ポイントの意志の作成から削除されましたまた、復元され、個人ファイルは影響を受けません)。

選択復元ポイント

その後、再度クリック 、上のクリック 仕上げ とクリックして、[システムの復元することを確認 はい.

確認して、システム復元

システム意志 自動的に再起動 作るために 復元処理それが完了した後、メッセージ システムが正常に完了しました復元 表示されます。 成功!

STEALTH SETTINGS - Windowsの8.1での復元ポイントを作成する方法

どのように我々は、Windows 8.1で復元ポイントを作成することができます

著者について

ステルス

2コメント

  • Artikelは、Googleがカロパケ・ディkoreksi人間dulu sebelumジの投稿を翻訳翻訳し...

    • 翻訳はGoogle翻訳で自動的に行われます。 誰かが36言語に翻訳することは考えほとんど不可能。
      我々はまた、このサービスを成長すると、誰でも興味があることはここに書かれているものの何かを理解するという事実に依存しています。 デフォルトでは、記事はルーマニア語で書かれています。

コメントを残す

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.