オペレーティングシステムの言語を変更する方法 Windows 10 ラップトップまたはPC

オペレーティングシステムのインターフェースから言語を変更する Windows PC /ノートPCが好むユーザーである場合、それは非常に必要です 異なる言語 またはあなたが購入した場合 海外でノートPC それが付属しています Windows (OEM)。

In ルーマニア 多くのシステムがあります Windows 英語のインターフェース付き、しかし他の国では、インターフェース言語 Windows それぞれの国のものになります。 私たちはあまり見つけません イタリア, スペイン, ドイツ, フランス またはその他の国における、オペレーティング・システム Windows 英語で.

前にシステムがある場合 Windows 希望または理解できる言語以外の言語でインストールされている ダウンロードしてインストールする言語 追加のオペレーティングシステム。 このように、ダイアログボックス、メニュー、またはユーザインターフェースと設定は、所望の言語で表示されます。

私たちは、これを表示します チュートリアル どのように私たちすることができます ダウンロードしてインストールする言語ルーマニア語 上の Windows 10 これは英語です。 同様に、ルーマニア語を Windows ドイツ語、イタリア語、スペイン語、フランス語またはその他の言語のインターフェースを備えています。

ルーマニア語をダウンロードしてインストールします Windows 10

まず第一に、私たちは自分自身を認証しています Windows 10 管理者権限を持つユーザー(通常、これはシステムのインストール時に作成されたユーザーです)を開いて、「Settings」(Windows+ I)そして、「タイム&言語"。


〜から "タイム&言語"私たちは行く"地域と言語「ルーマニアや言語を追加します。

開いたパネルから、インストールする言語を選択します Windows 10。 クイック検索には検索バーを使用してください。

インストールする言語をクリックした後、あなたは「パネルに戻ります時間と言語「新しい言語を選択して、をクリックして」デフォルトとして設定"。
あなたは「ルーマニア」をクリックした後、あなたが選択した新しいカテゴリを開くことに注意してください ルーマニア語 または モルドバ.

既定の言語を既定に設定したら、[オプション]をクリックして言語パックのダウンロードボタンをクリックします

ダウンロードが完了したら、コンピュータを再起動します。

それが再起動する前に、すべての言語パックをダウンロードしてみましょう。

この時点Iまで 表示言語メニューを変更します, オプション, 設定 si ダイアログボックス / 投稿Windows 10.

ようこそ, 登録, サインアウト, シャットダウン 残りました 英語。 これらのメッセージは、次の一般的な設定に基づいています Windows 10, OS上のすべての既存のアカウントの有効な。 特に、オンの場合 Windows 10 新しいユーザーが作成され、デフォルトの言語は英語になります。

オペレーティングシステムの表示言語を完全に変更するため Windows 10、 我々が開きます コントロールパネル (コントロールパネル)、私たちは "地域「次にタブ」管理"私たちは"コピー Settings"/"コピー設定"。

オプション「ようこそ画面とシステムアカウント」と「新しいユーザーアカウント」をチェックします。

OK&再起動します。

システムを再起動した後 Windows 10、すべてのメッセージがルーマニア語または希望するメッセージで表示されます。

インストールするアプリケーション Windows 10、利用可能な言語パックがある場合は、ルーマニア語でインストールされます。 一部のアプリケーション、特に Windows 10 彼らは自動的に英語からルーマニア語に切り替わります。 Microsoft Officeの場合、ルーマニア語の言語パッケージを個別にインストールする必要があります。これはインストール用の言語セットに残ります。

このチュートリアルの手順に従って、いつでも以前の言語に戻るか、別の自分の希望することができます

WINDOWS 10言語表示システム変更

オペレーティングシステムの言語を変更する方法 Windows 10 ラップトップまたはPC

著者について

ステルス

ガジェットとITを意味するすべてのことに情熱を傾けています。2006からstealthsettings.comに書き込み、コンピューターとmacOS、Linuxオペレーティングシステム、 Windows、iOSおよびAndroid。

コメント