NANOエディターの設定方法 default Linuxの場合、またはエディターをViからNANOに変更する方法

Vi si ドワーフ あります Linux用エディタ。 それがあること Ubuntuの または RedHatの, CentOSのそれがに来るときこれらのエディタには不可欠です スクリプトを変更crontab またはLinuxオペレーティング・システム上に存在する任意の他のファイル。 私は親切で、ナノ Linux用のメモ帳、グラフィカルインターフェイスがないという違いがあります。 それらはコマンドラインを介して直接開き、ターミナル/コンソールでヘルプを使用して編集するか、サポート付きのクライアントを介してLinuxで認証します SSH、種類 パテ または OS Xターミナル.

多くのユーザーのために、Viはで、もう少し複雑です 編集コマンドのセット これはコントロールよりもより効果的な入力に依存しています ショートカットナノのように。 たとえば、開いているファイルを「vi」で閉じたい場合は、次のコマンドを入力する必要があります。:終了!「またはそれより短い」Q!"、" nano "キーの組み合わせで十分です"Ctrl+ X "。 この観点から、nanoは少し近いです Windows そして、インターフェース OS X.

「vi」テキストエディタが設定されているLinuxオペレーティングシステムをインストールしている場合 default、次に、いくつかの手順に従って、deaultテキストエディタを「vi」から「nano」に変更する必要があります。

テキストエディタを変更する方法 default CentOSの「nano」の「Vi」

まず、システムに「nano」エディターがインストールされていることを確認します。 システムにログインし、ターミナルで次のコマンドを実行します。

yumのナノをインストール

あなたは既に最終的なメッセージをインストールした場合は、最新バージョンがすでにシステムにインストールされて届きます

例。 パッケージ nano-2.0.9-7.el6.x86_64 すでにインストールされ、最新バージョン/何もすることはありません

「nano」をインストールした後、次のプログラムを使用してファイルを編集します。の/ etc / bashrcに 

nano / etc / bashrc

/ etc / bashrcファイルの最後に、「export EDITOR = "nano"」という行を追加します。

export EDITOR =” nano”

ナノエディタ-linuxの

Ctrl + X(y) 変更を保存します。 システムからログアウトし、再度ログインして、テキストエディタかどうかをテストします default 変更されました。

このチュートリアルでは、エディタはファイルに使用されるものを指定せずに実行するコマンドを編集するために特に有用です。 最良の例では、コマンドによって行われcrontabのスワップを、編集されています。 crontab -e。 このコマンドを実行すると、セットエディタでcronジョブファイルが開きます default システム上。

ここで、シナリオで viエディタ 設定されています default システム上で変更したくないが、crontabファイルを変更したい オープンナノその後、ターミナルで次のコマンドを実行します。

EDITOR =ナノのcrontab -e ENV

Fiserのcrontabが自動的に開きますと、現在のセッションのためのナノで編集することができます。

Linuxを変更する default コマンドラインを介したテキストエディタソフトウェア-Linuxのチュートリアルとヒント.

NANOエディターの設定方法 default Linuxの場合、またはエディターをViからNANOに変更する方法

著者について

ステルス

ガジェットとITのすべてに情熱を注いで、ステルスで喜んで書いていますsettings2006年以来.comと私はあなたと一緒にコンピュータとオペレーティングシステムについての新しいことを発見したいですmacOS、Linux、 Windows、iOSおよびAndroid。

コメント