プライバシーを保護するためにDNSキャッシュをクリアします。 (DNSキャッシュをクリーン、有効、無効にする- Windows XP、Vista、 Windows 7)

DNSキャッシュ (キャッシングネームサーバ)それはプロセスである ストアド·クエリー アプリケーションのDNS(、FTPクライアント、Yahoo! メッセンジャーなど…)。 一般に、このプロセスは、ドメイン名を保持するサーバーが格納するのに役立ちます 一定の期間 エンドユーザのコンピュータ上で(構成サーバーにより決定)照会データ。 このように、我々は、ウェブサーバまたはアプリケーションに関するデータを保持し、PCとサーバー間の通信のブリッジを作成する、サーバーのより高い応答速度を得る。
アプリケーションの数は、ランタイムアプリケーションの間にDNSキャッシュを使用 更新チェックAPIは、 アップデート または ライセンスの妥当性.

あなたは、サーバがDNSキャッシュを持っているか見て興味があれば、あなたのPC(管理者権限を持つ)を開く (Ctrl+勝つ> > Enter)と入力します。

でipconfig / displaydns

DNSキャッシュ

クリーンDNSキャッシュCMDで、タイプ:

でipconfig / flushdnsと

CMDは、メッセージを受信する必要があります:

Windows IPの設定

成功したDNSリゾルバキャッシュをフラッシュ。

DNSキャッシングを有効化と無効化(DNSクライアントサービス):

でnet stop Dnscacheは
ネット開始Dnscacheは

リファレンスDNSキャッシュ(再帰とキャッシングネームサーバー)(Wikipedia).

DNS CACHEをクリーン、有効化、無効化.

プライバシーを保護するためにDNSキャッシュをクリアします。 (DNSキャッシュをクリーン、有効、無効にする- Windows XP、Vista、 Windows 7)

著者について

ステルスLP

創設者兼編集者 ステルス Settings2006日で。
Linuxオペレーティングシステム(特にCentOS)、Mac OS X、 Windows XP> Windows 10 とワードプレス(CMS)。

コメント