Linuxでデュ(ディスク使用量)コマンド

要するに、 "du」(ディスク使用量)は コマンドLinux / Unixの 我々はできます 占有体積(情報活用)ハードディスクをチェック de フォルダ si ファイル.
我々はによって制限されている場合は特に、非常に有用であるため ハードディスク空き容量 - または SSD -そして私たちは彼らが誰であるかを素早く知りたい ファイル および/または フォルダ 最も「ボリュームのある」。 もちろん、 「du」コマンド これは、我々が情報所望のリターンを使用構文種々のに使用することができます。

コマンドラインの構文 「Du」は、ほとんどのlinuxコマンドと同様に、非常にシンプルで柔軟性があります。

「du」コマンドのドキュメントには、次のオプションがあります。

[root @ server] #du –help
使用法:[オプション]から…[FILE]…
または:du [OPTION]…-files0-from = F
それぞれのディスク使用量を要約する FILE、ディレクトリに対して再帰的に。

長いオプションに必須の引数は短いオプションにも必須です。
-a、–allすべての書き込みカウント fileディレクトリだけでなく
–見かけのサイズは、ディスク使用量ではなく、見かけのサイズを印刷します。 見かけのサイズは通常は小さいですが、( `sparse ')の穴のために大きくなる場合があります files、内部断片化、間接ブロックなど
-B、–block-size = SIZE使用SIZE-バイトブロック
-b、「– apparent-size –block-size = 1」に相当する–bytes
-c、–totalは総計を生成します
-D、–dereference-argsは、コマンドラインにリストされているシンボリックリンクのみをデリファレンスします
–files0-from = Fは、NUL終了のディスク使用量を要約します file で指定された名前 file F;
Fが-の場合、標準入力から名前を読み取ります
-Hは–dereference-args(-D)と同等です
-h、人間が判読可能な形式で人間が読めるプリントサイズ(例:1K 234M 2G)
–siは-hと似ていますが、1000ではなく1024の累乗を使用します
-k like -block-size = 1K
-l、–count-linksは、ハードリンクされている場合、サイズを何度もカウントします
-m like –block-size = 1M
-L、–dereferenceはすべてのシンボリックリンクを逆参照します
-P、–no-dereferenceはシンボリックリンクをたどりません(これは default)
-0、–nullは、各出力行をnewlineではなく0バイトで終了します
-S、–separate-dirsにはサブディレクトリのサイズは含まれません
-s、–summarizeは、各引数の合計のみを表示します
-x、-one-file-system 別のディレクトリをスキップする file systems
-X、–exclude-from =FILE 除外する fileのパターンに一致する FILE
–除外=パターン除外 filePATTERNに一致するs
–max-depth = Nディレクトリの合計を出力します(または file、with –all)コマンドライン引数よりNレベル以下の場合のみ。 –max-depth = 0はと同じです
-要約する
–任意の最後の変更の時間表示時間 file ディレクトリまたはそのサブディレクトリ内
–time = WORDは、変更時刻ではなくWORDとして時刻を表示します:atime、access、use、ctime、またはstatus
–time-style = STYLEスタイルSTYLEを使用した表示時間:full-iso、long-iso、iso、+ FORMAT
FORMATは「日付」として解釈されます
-helpヘルプを表示して終了する
-versionバージョン情報を出力して終了する

表示値は、–block-sizeから最初に使用可能なSIZE、およびDU_BLOCK_SIZE、BLOCK_SIZE、およびBLOCKSIZE環境変数の単位です。
それ以外の場合、ユニット default 〜1024バイト(またはPOSIXLY_CORRECTが設定されている場合は512)。

要求されたSIZEタイプ(または、続いて必要に応じて年度要求された整数型)GMTの1:KB 1000、1024 K、MB 1000 1000 *、M * 1024 1024、というように、G、T、P、E、Z、Yのための

上記のすべてのオプションは、我々が懸念したファイルやフォルダについての正確なレポートを表示するコマンドラインで組み合わせることができます。 あなたは(私たちの例では/ var、)特定の場所から個々のフォルダやファイルの容量を確認したい場合など、コマンドラインがfます

[ルート@サーバーVAR]# du –si -s * | 並べ替え-h

のは 個々のボリューム表示 / varに忙しいフォルダとファイルは、降順にソート。

ソート-h「-結果を並べ替えて表示する」人間が読める形式バイト, キロバイトs, メガバイト, ギガバイト.

-そして」-は「-h」と多少同じ機能を持ちますが、1000ではなく1024を使用します。

-s」-その下のフォルダとファイルの詳細なしで、親ディレクトリの合計を表示します。

 

Linuxでデュ(ディスク使用量)コマンド

著者について

ステルス

ガジェットとITのすべてに情熱を注いで、ステルスで喜んで書いていますsettings2006年以来.comと私はあなたと一緒にコンピュータとオペレーティングシステムについての新しいことを発見したいですmacOS、Linux、 Windows、iOSおよびAndroid。

コメント