Wordで幾何学編集

ツールバー 描画 幾何学的な形を描くと、そのボタンを通じて、可能になります。 ツールバーをアクティブにしない場合 描画 あなたはをクリックしてアクティブにすることができます BHツールイベントアジェンダを、チェックをアクティブに 描画ツールバー。

stealth_31

stealth_32

ボタン ライン, 矢印, 長方形 si オーバル シンプルな幾何学的形状を作成します。 ライン, 矢印, 長方形 si 楕円。 ボタン テキストボックス 挿入するテキストボックスとボタンを可能にします ワードアートの挿入 物体の挿入のために使用される ワードアート。 選択することにより、 オートシェイプ 開き メニュー その垂直様々な種類のオプションを作成するためのユーザ·ツールに利用可能 , 形態, 矢印, バナー, si ディスクリプタ.

オートシェイプ

記述子(吹き出し)テキストボックスと様々な形態をとることができると記述子が参照するオブジェクトを指すようになりますインジケータで構成されています。 3つのボタン次のグループは、塗りつぶしの色を変更することを意図している(塗りつぶしの色)、カラーライン(カラーライン)とフォント(フォントの色)。 ラインのサイズ及び形状はボタンで変更することができる 線の種類 si ダッシュスタイル そして矢印によって変更することができる 矢印のスタイル。 ボタン si 3-D 三次元の影と、選択したグラフィックオブジェクトに対する効果の適用を可能にする。

グラフィカルオブジェクトは、両方のテキストまたは他のグラフィックの上下に配置することができる。 サブメニューオプション ドローオーダー(環境グラフィック要素の下に現在の位置を許可する背面へ移動)、オーバーヘッド(フロントBringTo)、テキストの上(テキストの前に持参)それとも(以下テキストの後ろに送る).

注文を描く

オプション グループ, グループ解除 si 再編成します サブメニュー 描く 許可 グルーピング, アンバンドリング si 再編成 選択されたいくつかのグラフィカルオブジェクト(選択は矢印で示したものと同じカーソルを使用して行われ マウスサイト)。 その他のグラフィックは(など、サイズ変更、移動)グローバルに使用することができますグループ分けした。

グループ、グループ解除、再グループ化

[オプション]サブメニュー 回転または反転 ミラーリング(水平を有効水平フリップ)と縦長(垂直フリップ現在の図形のうち)、右に回す(右に回転)または左(左回転).

回転または反転

Wordで幾何学編集

著者について

ステルス

ガジェットとITのすべてに情熱を注いで、ステルスで喜んで書いていますsettings2006年以来.comと私はあなたと一緒にコンピュータとオペレーティングシステムについての新しいことを発見したいですmacOS、Linux、 Windows、iOSおよびAndroid。

コメント