ターミナルとLinuxのSSHエラーを修正:client_loop:送信切断:パイプの破損

リモートサーバーへの最も安全な接続は、SSH暗号ネットワークプロトコル(セキュアシェル).

サーバー管理者またはターミナルまたはパテを介してSSH経由で接続する人が遭遇する一般的な問題は、次のメッセージでセッションから突然切断されることです。 client_loop: send disconnect: Broken pipe .
ほとんどの場合、このログアウトメッセージは、SSHセッションでコマンドラインが実行されていない期間の後に表示されます。 多くの人は、オープンセッションを時々覚えて、別の「Enter」または「w」を使用して、セッションを開いたままにします。 より良い解決策は、「アイドル」期間の後にセッションを突然終了することです。

とのSSHセッションの突然の終了を防ぐ方法 “client_loop: send disconnect: Broken pipe” ターミナル(Linux / Mac) 

LinuxとMacの両方で、SSH構成に行が追加されます。 ファイルを開いて編集します “ssh_config”.

sudo nano /etc/ssh/ssh_config

次の行を追加します。

Host *
ServerAliveInterval 120

ファイルを保存して閉じます "ssh_config"。 Linuxを使用している場合は、「sshd」サービスを再起動する必要があります。

方向 ServerAliveInterval 120秒間隔でサーバーにnullパケットを送信してセッションを維持し、セッションが突然終了するのを防ぎます。

ターミナルとLinuxのSSHエラーを修正:client_loop:送信切断:パイプの破損

著者について

ステルス

ガジェットとITのすべてに情熱を注いで、ステルスで喜んで書いていますsettings2006年以来.comと私はあなたと一緒にコンピュータとオペレーティングシステムについての新しいことを発見したいですmacOS、Linux、 Windows、iOSおよびAndroid。

1コメント

  • (sshd_configではなく)ssh_configのみを変更する場合は、sshdを再起動する必要はありません。

コメント