nginxを修正する方法: [warn] "ssl」ディレクティブは非推奨になりました(Nginx / VestaCP)

nginx: [warn] the “ssl” directive is deprecated, use the “listen … ssl” directive instead in example.com.nginx.ssl.conf 古いnginx構成のWebサーバーで一般的なアラートです。 VestaCP.

nginx -t
直し方 "ssl「ディレクティブは非推奨です
SSL 指令 error in NGINX.conf

この warn 持っているサーバーに最も頻繁に表示されます VestaCP 数年前にインストールされた構成 nginx ディレクティブが必要でした"ssl on"

直し方 ssl」ディレクティブは非推奨になりました Nginxで/ VestaCP

方法1.ファイルを編集する nginx.conf フィールドのために

最も便利なのは、#ディレクティブでキャンセルすることです。ssl nginxが警告しているドメインの「on」。

sudo nano /home/vestacpuser/conf/web/example.com.nginx.ssl.conf
# ssl on
無効にします SSL NGINXのディレクティブ
無効にします SSL NGINXのディレクティブ

ファイルを保存してから再実行してください nginx -t。 エラー nginx: [warn] the “ssl” directive is deprecated…” 存在しなくなります。

nginx -t

この方法では、エラーは永続的に解決されません。 新しいドメインは、上のアカウントに割り当てられたパッケージの構成ファイルに従います。 VestaCP.

方法2.編集 VestaCP Web Template Nginxの場合。

追加する前に user in VestaCP、パッケージを作成する必要があります。 VestaCP Packages。 これらのパッケージには、さまざまなCMSまたはスクリプト用のいくつかの構成が含まれています。 Web Template (Nginx), Backend Template (PHP-FPM), DNS Template (NAMED).

追加すると エリア A user VestaCP、Nginx構成 default 追加された新しいドメインの Web Template (nginx)選択 ユーザーパッケージ用アキ。

VestaCP WebテンプレートNginx
VestaCP WebテンプレートNginx

追加するシナリオを採用します Vesta Package Name: Stealth cu Web Template NGINX: wordpress2。 テンプレートの場合 “wordpress2” ディレクティブが含まれています “ssl on”、このテンプレートで追加された新しいドメインでは、構成にこの古いディレクティブが含まれます。 だからそれは最高です 変更するには Web Template in VestaCP。 そのため、追加された新しいドメインは「ssl Nginx構成の「on」。

編集する方法 Web Template VestaCP 除去する ssl” directive is deprecated?

追加されたドメインの構成ファイルを書き込むテンプレートは、次の場所にあります。

/usr/local/vesta/data/templates/web/nginx/php-fpm

これらにはXNUMXつのエンディングがあります。 .tpl 以下のために のないドメイン SSL と 。stpl 以下のために ドメインと SSL 上の.

[root@north php-fpm]# pwd
/usr/local/vesta/data/templates/web/nginx/php-fpm
[root@north php-fpm]# ls -all
total 224
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jul  3 23:51 .
drwxr-xr-x 3 root root 4096 Apr 25  2017 ..
-rwxr-xr-x 1 root root 1737 Feb 27 07:12 cms_made_simple.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1638 Feb 27 07:12 cms_made_simple.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1770 Feb 27 07:12 codeigniter2.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1671 Feb 27 07:12 codeigniter2.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 6528 Feb 27 07:12 datalife_engine.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 6429 Feb 27 07:12 datalife_engine.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1601 Feb 27 07:12 default.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1502 Feb 27 07:12 default.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2176 Feb 27 07:12 dokuwiki.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2076 Feb 27 07:12 dokuwiki.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2280 Feb 27 07:12 drupal6.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2177 Feb 27 07:12 drupal6.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2508 Feb 27 07:12 drupal8.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2415 Feb 27 07:12 drupal8.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1949 Feb 27 07:12 joomla.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1850 Feb 27 07:12 joomla.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1667 Feb 27 07:12 laravel.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1562 Feb 27 07:12 laravel.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 5590 Feb 27 07:12 magento.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 5488 Feb 27 07:12 magento.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1928 Feb 27 07:12 modx.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1828 Feb 27 07:12 modx.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2446 Feb 27 07:12 moodle.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2411 Feb 27 07:12 moodle.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1303 Feb 27 07:12 no-php.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1204 Feb 27 07:12 no-php.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1990 Feb 27 07:12 odoo.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1891 Feb 27 07:12 odoo.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1724 Feb 27 07:12 opencart.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1624 Feb 27 07:12 opencart.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2796 Feb 27 07:12 owncloud.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2701 Feb 27 07:12 owncloud.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2081 Feb 27 07:12 piwik.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1982 Feb 27 07:12 piwik.tpl
-rw-r--r-- 1 root root  189 Feb 27 07:12 proxy_ip.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2124 Feb 27 07:12 pyrocms.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2021 Feb 27 07:12 pyrocms.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2478 Feb 27 07:12 sendy.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2390 Feb 27 07:12 sendy.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1952 Feb 27 07:12 wordpress2_rewrite.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1859 Feb 27 07:12 wordpress2_rewrite.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1842 Feb 27 07:12 wordpress2.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1743 Feb 27 07:12 wordpress2.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2701 Feb 27 07:12 wordpress2_wp_super_cache.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 2596 Feb 27 07:12 wordpress2_wp_super_cache.tpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1601 Feb 27 07:12 wordpress.stpl
-rwxr-xr-x 1 root root 1502 Feb 27 07:12 wordpress.tpl
[root@north php-fpm]# 

上記のシナリオを採用します。このシナリオでは、テンプレート「wordpress2.stpl」。 Webサーバーでこのファイルを編集し、「ssl オン"。

nano /usr/local/vesta/data/templates/web/nginx/php-fpm/wordpress2.stpl
削除します SSL Nginx/のONディレクティブ。 VestaCP
削除します SSL NginxのONディレクティブ/ VestaCP

行を削除した後"ssl テンプレートから「on」でファイルを保存します。 このテンプレートで追加される次の領域には、古いディレクティブがなくなります。 「「ssl」ディレクティブは非推奨になりました, nginxのテスト時には表示されません。

同様に、すべてのWebテンプレートを変更できます VestaCP または、新しいものを作成して、カスタムnginxおよびphp-fpm構成を含めることができます。

Stealth

テクノロジーに情熱を注いでおり、オペレーティングシステムに関するチュートリアルをテストして作成するのが好きです。 macOS, Linux, Windows、 約 WordPress、WooCommerceおよびLEMP Webサーバーの構成(Linux、NGINX、MySQLおよびPHP)。 書く StealthSettings2006年から.com、そして数年後、私はiHowTo.Tipsチュートリアルとエコシステム内のデバイスに関するニュースを書き始めました。 Apple: iPhone、iPad、 Apple ウォッチ、HomePod、 iMac, MacBook、AirPodsおよびアクセサリ。

コメントを残す

メールアドレス addレスは公開されません。

関連記事

/ / /
タグ: / / / /
先頭へ戻るボタンに