マイクロソフトは、サポートを終了します Windows RTMビュー、 Windows XP SP2はい Windows 2000

運用支援システムの期間 Windows RTMビュー, Windows XP SP2 si Windows 2000 急速に完了に近づいている。

4月13 2010で、 マイクロソフト オペレーティング·システムのサポートを中止する Windows RTMビュー (SPサイトなしすなわち)、および7月13 2010は以下のサポートを終了します Windows XP SP2はい Windows 2000 / Windows サーバー2000。はい、彼らは幸運なデータのみを選択しました。 13&13 :)

これらのオペレーティングシステムのための公式サポートの終了は、終了を意味します セキュリティアップデート, ハードウェアの互換性 / ソフトウェア アーキテクチャの更新します。 これらのシステムの中で、7月13日以降のみサポートを維持します マイクロソフト Windows サーバ2003、しかし、それはから移動されます メインストリームサポート pe 拡張サポート.

ユーザー Windows XP SP2 バージョンにアップグレードすることをお勧めします Windows XP SP3 またはOSのアップグレードを行います Windows 7(PCに互換性がある人向け Windows 7。)
これは、最近ますます報告されていることは興味深い クラッシュサイト·オペレーティング·システム Windows XP SP2。 これは、これらのクラッシュが頻繁で始まるいるようです BSOD オペレーティングシステムの再インストールで終了し、更新後に表示されます Windows SP2、背後のいずれか ドライバのインストール 過去に互換性があった Windows XP SP2。 奇妙な。  

接続があるかどうか、または単なる偶然の一致かどうかはわかりませんが、3-4 PCは Windows XP SP2は最近インストールされましたが、いくつかインストールしようとした後に「ひびが入った」 モデムドライバサイト 移動体インターネット (オレンジ携帯のように)

あなたを守るために起こった  ブルースクリーンエラー (死のブルースクリーン / BSOD)または他 異常なエラー pe Windows XP SP2コメントで私達にメッセージを残してください。

マイクロソフトは、サポートを終了します Windows RTMビュー、 Windows XP SP2はい Windows 2000

著者について

ステルスLP

創設者兼編集者 ステルス Settings2006日で。
Linuxオペレーティングシステム(特にCentOS)、Mac OS X、 Windows XP> Windows 10 とワードプレス(CMS)。

コメント