恒久的にMac OS Xでのスペルチェックと文法チェックを無効にする

スペルチェックと文章校正チェック それはおそらく最も不穏な設定の1つです デフォルトMac OS Xのユーザーは一つの言語に永続的に書いていない場合は特に。

スペル・アンド・文法

書き込みは赤い点で強調しました テキストで テキストエディット およびその他のアプリケーションはかなり迷惑であり、それはオプションを無効にすることができたとしても スペルチェックと文章校正 se 自動的に再活性化します アプリケーションおよび/またはオペレーティングシステムの再起動後に再オープンした後。
「永久に無効にしますスペルチェックと文章校正チェックは、「次のステップは非常に注意する必要があります。

1。 恒久的にスペルチェックをオフにして、Mac OS X上のすべてのアプリケーションのすべての言語では、[システム]> [ライブラリ]> [サービス]に行かなければならないし、アプリケーションを検索するには AppleSpell.service.
AppleSpell.serviceはチェックとスペルを扱うパッケージが含まれています。

2。 右クリックして[AppleSpell.serviceを選択 パッケージの内容を表示

、パッケージの内容を表示

3。 "フォルダの下コンテンツ「検索」リソース"。 あなたが永続的に無効にするには、しなければなりませんの スペルチェックと文章校正 それはです リネーム このフォルダ(中 Resources.disable、 例えば)。

リソース - 言語 - 無効

ターミナルでのコマンド:
sudoのMV /System/Library/Services/AppleSpell.service/Contents/Resources /System/Library/Services/AppleSpell.service/Contents/Resources.disabled

4。 私たちは、フォルダ「リソース」を名前を変更した後、 再起動プロセスAppleSpell.service によります 活動モニター。 AppleSpell.service&をダブルクリックします やめます.

AppleSpell-再起動-活動ユーティリティ

スペルをチェックして、 場所には、このオプションを有効にするには、Mac OS X上のすべてのアプリケーションのために無効になっていると、 "フォルダの名前を変更する必要があります「Resources.disable in 「リソース」.

注:チュートリアルのSnow LeopardとOS X 10.9.1マーベリックスにテストされています。

STEALTH SETTINGS - 永久にMac OS Xでスペルチェックと文章校正チェックを無効にします

恒久的にMac OS Xでのスペルチェックと文法チェックを無効にする

著者について

ステルス

コメントを残す