所有権の復元を信頼済みに追加Installのコンテキスト メニューの Windows

で始まります Windows ビスタユーザーが変更したり、交換するために非常に困難になってきている のシステムファイル Windowsコミュニティそして、その理由 マイクロソフト 増加した セキュリティ それらの制御(所有権)の下に置くことによって システムユーザー default命名 信頼されているInstaller.

システムファイル用に変更することができ、ユーザーは Windows ビスタ, Windows 7 si Windows 8 それらの制御を取る必要がある(所有権を取得)、これはによって手動で行うことができます GUI または Command Prompt同様にスルー コンテキストメニューから[オプション]、によって追加 レジストリハック または スクリプト。REG.

復元所有権コンテキストメニュー

しかし、時には、様々な理由で、ユーザーがしたいこと 信頼されているファイルの制御を復元するInstallerこの資料に記載されている取扱説明書の方法やや複雑であり、作られているいくつかの時間が必要です。 はるかに速い別の方法は、ある コンテキストメニューで別のオプションを追加、信頼されているファイルの所有権を復元できますInstallえー。

所有権の復元を信頼済みに追加する方法Installの右クリック メニュー (コンテキスト メニュー) で Windowsサイト?

オプションを追加する 所有権を復元する コンでメニューテキスト 手動でシステムレジストリを変更することによって、非常に複雑であり、不愉快な結果を(などの原因になることができます システム障害)特にそれらに慣れていないユーザーのために、私たちは使用することをお勧めします スクリプト 加算の場合と同様に、 "準備完了" 所有権のオプションを取る。 単にシステムレジストリスクリプトとオプションに含まれる情報を追加して確認した後、それをクリック 所有権を復元 に表示されます の右クリックメニュー Windowsコミュニティ。 そして、あなたがする必要がある場合 復元された信頼できるInstallえーと 任意のシステムファイルで、その上で右クリックし、オプションを選択します。

復元所有権コンテキストメニュー

注:アーカイブには、コンテキストメニューから[所有権の復元]オプションを削除する2番目のスクリプトが含まれています。 Anuはこれらのスクリプトを使用して Windows XPまたは他のバージョン Windows 上記。

STEALTH SETTINGS – Add 所有権を信頼済みに戻すInstallで windows コンテキストメニュー

コメントを残す

メールアドレス addレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

合計
0
株式
前の記事

オフラインネットワーク/インターネット用のドライバーをインストールする Windows 3DP Netを使用

次の記事

アプリケーションや利用可能なCPUコアの一部だけを使用するようにゲームとして制限。

検索しているユーザー:

信頼されているinstaller情報、信頼できるリカバリinstallで windows 8、信頼できるinstaller add、trustedinstallえーと、信頼できるユーザーのプロパティを復元するinstallえーと windows,
合計
0
シェアする