ウィンドウズ7 [Windows Updateの]で自動再起動を無効にする

アップデート(Windows Updateの)オペレーティングシステム Windowsの7 si ビスタ のいずれかです 自動、時のいずれかにあなたのアプリケーションで非常に多くの場合、メジャーアップデート後、システムを再起動する必要があります(リブート).
あなたはアップデートとWindowsアップデートセンターのインストールを開始した場合、インストールを完了する前に閉じて、ディスプレイの右上隅には、メッセージの情報を表示します: 重要な更新プログラムのインストールを完了するためにコンピュータを再起動.

コンピュータを再起動します

あなたは "すぐにシステムを再起動するかを選択できます今すぐ再起動"休息を掲載していません 4の最大時間. 延期する。 4時間はほとんどのユーザーのために十分以上になりますが、我々は4時間よりも硬い仕事をしているアプリケーションがあり、我々は時間の長い期間のためにPCの前で取得したい場合、我々何をしていますか? Windowsが再起動され、すべての作業が無駄になります。 このケースでは、Windowsが再起動する自動無効にする必要があります。

Windows Updateの - ウィンドウズ7の自動再起動を無効にする

あなたのPCの前に行く前に、管理者権限でコマンドプロンプトを開き実行 "CMD" - 管理者として実行し、次のコマンドラインを記述します。

ネット停止「Windowsアップデート」

[Windows Update]を停止

あなたは、メッセージを受け取った後 "Windows Updateのサービスは正常に停止されました"我々は静かに行く。
これは、最初のPCを再起動して無効にすることが可能です。 再起動後、Windows Updateサービスが自動的にアクティブになります。

ウィンドウズ7 [Windows Updateの]で自動再起動を無効にする

著者について

ステルスLP

創設者兼編集者 ステルス設定2006日で。
Linuxオペレーティングシステム(特にCentOSの)やMac OS X、Windows XPの>は、Windows 10とワードプレス(CMS)上の経験。

コメントを残す

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.