GPGキーの取得に失敗しました:[Errno 14] curl#37-開くことができませんでした file …RPM-GPG-KEY [CentOS 7]

CentOSは非常に堅固なオペレーティングシステムであり、我々の意見では、Ubuntuよりもセキュリティ面ではるかに優れており、特にWebサーバーを実行している場合は特にそうです。
何年にもわたってCentOSは大きく進化し、CentOS 6.xから7.xへの移行により、セキュリティ面に多くの変更が加えられました。

たくさん 脆弱性 古いバージョンの CentOSの アーカイブにソフトウェアがインストールされているため(YUMリポジトリ)安全性が低い。 例えば、 LEMP (リナックス, nginxの, MySQLの & PHPこれらのパッケージが安全なソースからインストールされていないと、時間の問題を引き起こす可能性があります。
CentOS 7のリリースに伴い、システムファイルへのユーザーアクセスに制限が設定され、パッケージのインストールに制限が設定されました。」署名されていない」またはGPGキーなし。 この記事に出くわした場合は、おそらくエラーが発生しています。
GPG key retrieval failed: [Errno 14] curl#37 - Couldn't open file ...  RPM-GPG-KEY

これは、非コンテンツパッケージにインストール(ymインストール)またはアップデート(yum -yアップデート)する場合に発生します GNUプライバシーガード (GPG)。
ソフトウェア・ベンダーや開発者は、インストールパッケージ(RPM)に含まれるすべてのソフトウェアは、署名が添付されることをお勧めします。 これらのRPMが安全であることをユーザーに保証する簡単な方法です。 インストールパッケージに付随する公開鍵は、 Red Hat Networkチャネル管理ガイド アーカイブ内の各ソフトウェアごとに記録する必要があります。

このようなエラーが発生した場合は、目的のソフトウェアをインストールする公開鍵アーカイブを探すことをお勧めします。 引き続きインストールを続けたい場合は、最も簡単な方法はインストールアーカイブの公開鍵検証を無効にすることです。

By default、インストールおよびソフトウェアアップデートのアーカイブは「/etc/yum.repos.d」にあります。 「nano」または「vi」で編集し、公開キーなしで.rpmファイルを抽出/ダウンロードする「.repo」ファイルを非アクティブ化しますgpgcheck"。 値を「0」に設定します。


[epel] name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch
metalink=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=1
exclude=nginx*
gpgcheck=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7

編集した.repoファイルから変更を保存し、更新/インストールを再実行します。 すべてがスムーズに進むはずです。

GPGキーの取得に失敗しました:[Errno 14] curl#37-開くことができませんでした file …RPM-GPG-KEY [CentOS 7]

著者について

ステルス

ガジェットとITのすべてに情熱を注いで、ステルスで喜んで書いていますsettings2006年以来.comと私はあなたと一緒にコンピュータとオペレーティングシステムについての新しいことを発見したいですmacOS、Linux、 Windows、iOSおよびAndroid。

コメント