XPモードをインストールする Windows ハードウェア仮想化を使用しない7 [チュートリアルの方法]

あなたが終了した場合 XP 賛成 古いため郷愁ではなく、 "泳ぐ" OSあなたはあまりにも多くの "泳ぐ" :)で "溺死"出るのを避けるために手元に2つのオプションがあります。 一つ目を選ぶことでしょう と私たちが推奨する第二は、インストールすることです Windows XPモード in Windows 7(最大の利点の2つは システムを変更するためにPCを再起動する必要はありませんHDDのを共有する必要はありません 2 OSの間で)。

実行方法 Windows XPモードオン Windows 7 Home Premiumまたはハードウェア仮想化のないコンピューター

Windows XPモードは、インストールされていないコンピューターにもインストールできます。 ハードウェア仮想化 またはバージョン ホームプレミアムしかし、彼らは実行することはできません 仮想PC. VMware Playerの あります 無料のアプリケーション (しかし、それはダウンロードすることができます 公式サイトに登録する必要があります。 あなたは登録を避けたい場合は、試してみてください トレンテ)それはあなたが走ることを可能にします Windows システムのXPモード Windows 7(バージョンに関係なく)、または仮想化のためのハードウェアコンポーネントがないコンピューター。

*ステップ1。

初心者のための必要があります ダウンロードしてインストールする Windows XPモード.

xpmode_setup installing_xpmode1 finish_setup

その後 VMware Playerのダウンロードしてインストールします.

wmware_player wmware_setup2 wmware_setup_complete

*ステップ2。

インポート Windows XP仮想マシンモード VMware Playerの(をクリックして File VMware Playerの中で、選択し インポート Windows XPモードVM メニュー表示されます)。

import_xpmodeVM reconfigure_vm

再構成 Windows XPモード (VMware Playerの形式の変換)は数分かかることがありますので、少しの忍耐を持っている必要があります。 これが完了したら、オプションのVMware PlayerでXPモードVMが表示されます。 クリック 仮想マシンを再生する 実行する XPセットアップ.

windows_xpmode ランセットアップ-XP

画面設定を見ながら、あなたがするように求められます WMware Toolsをアップデートするdownloadetiと、統合に必要 Windows XPモード Windows 7.

wmware_tools update_wmware_tools

*ステップ3。

ランタイムのセットアップは、あなたの好みや場所に応じていくつかの設定を行う必要があります。 選択して起動するには "私は、本契約を受諾" そして、上をクリックします。 次に選択 言語設定/地域とキーボード.

ライセンス契約 language_keyboard_settings

の名前を選択してください XPモードVM そして、必要に応じて、 管理者パスワード (パスワードフィールドに記入する必要はありません。しかし慎重補う場合 パスワードを書き留めたり、覚えやすいものを選ぶ、そのパスワードがないとXPモードにアクセスできないためです。 パスワードフィールドを空白のままにして、XPモードにアクセスできるすべてのユーザーにアクセスできるようにします Windows 7)。 次に選択 日時 あなたはどこにいると 時間帯 (タイムゾーン)。

computer_name_xpmode  日付時刻_settings

設定/変更が完了したら、 Windows XP Mode VMが再起動されます(メインオペレーティングシステム、 Windows 7、再起動されません、リラックスしてください! :P)。

*ステップ4。

再起動後、設定を選択 システムアップデート。 ほとんどの場合、あなたは次のようになります ジャム A ポップアップ(新しいハードウェアの検出ウィザード) これは、新しいハードウェアまたは新しいドライブを探すことを聞いてきます。 VMware Toolsが必要なすべてを持っているので、それをクリックするのが最善の方法です キャンセル.

automatic_updates cancel_hardware_wizard

新たな再起動がされた後、 VMware Toolsをインストール。 へ行く [マイコンピュータ] (XPモードで、をクリックしてください 開始 そして、選択 [マイコンピュータ])次にダブルクリック VMware Toolsが(D :) と実行 インストーラ 表示された。 VMware Toolsがインストールされた後、XPモードは、再び再起動します。

wmware_tools_install windows_xpmode_boot

*ステップ5。

統合 Windows XPモード Windows 7 これら2つのシステムを一緒に使用することを選択したユーザーにとって大きな利点があります。XPまたは Windows 7、次のことができます コピー/貼り付け あるシステムから別のシステムには、同じフォルダに両方のシステム上でファイルを保存することもできますし、両方のシステムで同じフォルダ内のファイルを開くことができます。

統合するには Windows XPモード Windows クリックしないでください VM そして、選択 Enter ユニティ 表示されるメニュー。 キャンセルするには、をクリックしてください そこユニティ VMware Playerで(VMware Playerをシャットダウンすると、シャットダウンします Windows XPモード)。

integrate_xp_in_7 exit_unity

アクセスするために Windows XPのスタートメニュー 統合後 Windows 7、マウスを動かすだけです(より正確には カーソル マウス)の[スタート]ボタンの上 Windows 7。 新しいボタン、 Windows XPモードがその上に表示されます。 それをクリックして XPのスタートメニュー が表示されます。

XPモードのスタートメニュー

*ステップ6。

開いた/作成したファイルをXPモードのドキュメントで保存するには Windows 7は指示に従います:

  • クリック VM そして、選択 Settings。 タブに移動 オプション そして、上をクリックします 共有 Folders。 右側のペインで選択 常に有効、チェック ネットワークドライブとしてマークする Windows ゲスト 次にをクリックしてください 追加... 右コーナー。 これが開きます 共有フォルダの追加ウィザード:クリック その後 ブラウズ そして、共有したいフォルダを選択します(リストを下に見て、それがフォルダを選択することをお勧めします 資料。 私の場合は、フォルダを選択しました ステルス Settings すべてのサブフォルダー - デフォルトおよび文書)。 チェック この共有を有効にする[オン]をクリックします 終了。 ウィンドウで Settings クリック OK.
folder_sharing add_shared_folder
add_shared_folder2 SHARED_FOLDER
  • オープン XPモードで起動メニュー 上で、右クリック 私の文書。 表示されるメニューで選択 プロパティ。 タブで Target クリック 移動... 最初の目的地を選択するにはをクリックしてください [マイコンピュータ] (拡張用)、ドライブ 共有 folders 「vmware-host」(Z :) とフォルダを選択 資料 (私の場合、ステルスフォルダを開きました Settings 次に、[ドキュメント]フォルダーを選択しました)。 クリック OK.
move_documents move_target
  • すべてのドキュメントがXPモードであることを確認するには Windows 7、クリック はい モニターに表示される確認ウィンドウに表示されます。

これらの設定を行った後、あなたはXPモードでファイルを保存するたびに、それがに保存されます のドキュメント Windows 7。 あなたが望む任意のフォルダ(例については、上記の手順を繰り返すことができます マイピクチャあるいはあなたのユーザーフォルダ)

*ステップ7。

あなたは、接続するたび USBスティック または 外付けHDD コンピュータ、VMware Playerは、あなたがXPモードにデバイスを接続することができることを知ってみましょう。 ことが可能外付けHDDやUSBスティックを接続するようにするには(リムーバブルドライブ)で Windows XPモード、クリック VM選択 リムーバブルデバイス、ドライブ名を選択し、をクリックしてください (ホストから切断)を接続します。

_removable_devicesを接続

XPモードでアプリケーションまたはフォルダーを開く(に統合されている場合) Windows 7)があります、 default, 国境とロゴVMware Playerの ウィンドウのトップバー。 "仮想化"をクリック上の外観を取り除くために VM そして、選択 Settings。 タブで オプション クリック ユニティ のチェックを外し 境界線を表示する si バッジを表示.

unity_settings

このように、XPモードで開いたウィンドウは、オペレーティングシステムで開いたウィンドウとまったく同じように見えます。 Windows XP。

ダウンロード Windows XPモード MicrosoftのWebサイトから。

VMware Playerのダウンロード (登録が必要)。

XPモードをインストールする Windows ハードウェア仮想化を使用しない7 [チュートリアルの方法]

著者について

ステルス

ガジェットとITのすべてに情熱を注いで、ステルスで喜んで書いていますsettings2006年以来.comと私はあなたと一緒にコンピュータとオペレーティングシステムについての新しいことを発見したいですmacOS、Linux、 Windows、iOSおよびAndroid。

コメント