Microsoft Office 2010 Upload Cを無効にするenter -SystrayアイコンとMSOSYNC.EXE

Microsoft Office 2010 Upload Cを無効にするenter -SystrayアイコンとMSOSYNC.EXE

あなたがインストールした後 すべてのプロセスとアプリケーションが私たちが便利です。このスイートをインストールしていることを考えるのは良いです。 最も使用 マイクロソフトオフィス 以下のために Excel, パワーポイント, Wordの事務所, OneNoteの si Outlookしかし、基本的なアプリケーションに加えて、および他の長いインストール ツール余分なプロセス以上のものではありませんほとんどのユーザーのための追加のCE CPU si RAM。 例は「共有フォルダの同期"(前者 )コンテキストメニューに表示されます。 使わないなら Microsoft SharePointのワークスペース2010、オプション "共有フォルダの同期「コンテキストメニューの迷惑なリンクになります。 .

Microsoft Officeのプロフェッショナルプラスに存在する別のツール2010 Microsoft Office 2010アップロードCenter.

Office 2010アップロードCenter

このツールは、作業中のサーバーのオフィスでファイルを同期したい人のために非常に有用です。

Microsoft Office 2010 Upload Cとはenter?
Microsoft Office 2010アップロードCenter 今の状態を確認する方法を提供します file■XNUMXつの場所にあるサーバーにアップロードします。 あなたがアップロードするとき file マイクロソフトはまずWebサーバーに保存します file アップロードを開始する前にローカルでOfficeドキュメントキャッシュに保存します。つまり、オフラインである場合やネットワーク接続が悪い場合でも、変更を保存してすぐに作業を続行できます。 Microsoft OfficeアップロードCenter アップロードの進行状況を追跡できます。 filesあなたの注意が必要です。

ユーザーのための 誰が同期文書を使用しています コンピュータ / ノートパソコン pe Webサーバ両方 オレンジ色のアイコン システムトレイ(右下)と MSOSYNC.EXE 余分です。

オフィスアップロードcenter

Office Upload Cアイコンを無効にする方法enter シストレイから。

1.アイコンを右クリックして、[Settings".

settings オフィスアップロードcenter

2。 このウィンドウで Microsoft OfficeアップロードCenter Settings 「」の横にあるチェックボックスをオフにします通知領域のアイコンを表示します「[OK]をクリックします。

オフィスアップロードcenter settings

システムトレイを取り巻くたら、削除しなければならない MSOSYNC.EXE から .

1。 で > "検索プログラム終了 files">味"「押すと Enter.

MSCONFIG

2。 で マイクロソフトオフィス2010の横にあるボックスを[スタートアップ]タブに移動してオフにします。

スタートアップ -  MS Officeの2010

コラム「スタートアップアイテム「複数のプロセスがある可能性があります」Microsoft Officeの2010「(上記の例のように)別のプロセスを誤って停止しないように、マウスを列に合わせます。」コマンド「プロセスラインで、MSOSYNC.EXEのどれを正確に確認します。

Apply &OKで変更を保存します。 制限。

Microsoft Office 2010 Upload Cを開く必要がある場合enter、[スタート]メニュー> [すべてのプログラム]> [Microsoft Office]> 2010 Microsoft Officeツール.

マイクロソフトオフィス2010  - スタートメニュー

Office Upload Cを削除するenter XNUMXサーバ当たり年間 Taskbar システムトレイ.

Microsoft Office 2010 Upload Cを無効にするenter -SystrayアイコンとMSOSYNC.EXE

著者について

ステルスLP

創設者兼編集者 ステルス Settings2006日で。
Linuxオペレーティングシステム(特にCentOS)、Mac OS X、 Windows XP> Windows 10 とワードプレス(CMS)。

コメント